【HR】9/21(水) 160km/hの打ち返し方

by | 22/09/21 (水) | HRトピック

🐧 Check!3point 🐧

❶上手くいくかドキドキすることはある。でも自分でハードルを下げない。失敗しても何がダメだったか得られるという考え方が大切。
❷『西野と学ぶNFT』がロケハン・出演者数等の面で非常に良かった。西野さん自身のインプットにもなっている。大きな夢である「町開発」の前段階として、「NFT芸人」の枠を獲りに来るだろう。
❸戦争や自然災害には必ずパターンや予兆がある。正しく恐れることが大切。本日16:00~の授業は『台湾有事』。新編集での初授業にもなると思うので、ぜひ応援に来てほしい。

 

📣 HR News!📣

◆クラス参加、生徒会、記者室、委員長の立候補募集中!⏩募集はこちらから!
お誕生日お祝いシステム復活!遠慮したいという方は、運営までご相談を!
◆「Tell-us」テスト運用中!協力してみたい方はHRのコメント欄でアピールを!
時事ネタ分析専門人材募集!⏩募集はこちらから!
◆「オンラインサロン」という肩書きの変更を検討中!
◆華やかなprogress CMをマイルドに!アイディアの募集も検討中!
◆オリラジアカデミー観覧用ネクタイ →演者と同じものを公式より販売予定!
◆9/23 中田敦彦独演会
 ⏩オンライン配信チケット販売開始!
 ⏩金獅子牡丹うちわ販売開始!

 
   

 

HRコラム

 

「160km/hの打ち返し方」

〜登場人物〜
玉見翼:150km/hの速球をことごとく打ち返して、プロ野球選手としての地位を築いてきた有名打者。
若波亮:160km/hの速球を武器に、鳴り物入りでプロの世界に入ってきた黄金ルーキー。

 

来た。

真ん中ややアウトコース寄り、おそらく150km/h程度の速球。玉見の最も得意なコースだ。

まるでボールが止まっているかのように、縫い目まではっきりと見える。まるでバットが腕の一部になったかのように、肩の上からスムーズに出てくる。

打てる。

振り抜いたバットが相手投手の渾身の一球をとらえ、瞬く間にボールはスタンドに飛び込んでいた。

9回裏のスコアボードに「2」の文字が刻まれる。4対5。逆転のサヨナラホームラン。ダイヤモンドを1周した玉見は、チームメイトの祝福とファンの歓声に笑顔で答えた。

明日への不安しかない心の中とは裏腹にーーー。

あの男がプロに入ってくると知った時から、160km/hを打つ練習はしてきた。メジャーリーガーの自慢のストレートさえも粉砕し、「速球キラー」の名をほしいままにしてきた自分に打てないボールなどない。そう信じ、バットを振り続けてきた。

「玉見!10分後ヒーローインタビュー!」

お立ち台に上がれというコーチの声。いつもなら喜びしか感じられないこの瞬間も、今日の玉見にとっては憂鬱にさえ思えた。

インタビュアーは必ず聴いてくる。明日の若波との初対戦について。いよいよ答えを決めなければならない。玉見の不安と迷いはピークに達していた。

打てないかもしれない。20年以上野球をやってきたが、こんなに弱気になったのは初めてのことだった。明日、打席に立つべきなのか。

数日前の監督の言葉を思い出す。

「わかるな?玉見。プロ野球選手にもブランディングというものがある。毎回毎回、全ての相手に全力でぶつかる必要なんてない。時には勝負を避けることだって大切だ。若波が投げる日は、休ませてやることもできるぞ。どうするかはお前が決めろ。」

監督が玉見のためを想って言ってくれたことは、玉見自身も十分理解していた。若波に打ち取られるという「敗北」を、玉見に経験させてはならないという想いもひしひしと伝わってきた。

いや、それも全て、玉見自身が「敗北」を強く恐れているからこそ、そう思うだけなのかもしれない。

よし、決めた。結果が出る前からこれほどまでの不安感に苛まれているのだ。自分の精神の安定のためにも、ブランディングのためにも、明日はケガをほのめかせて休もう。もしくは、試合には出るけどケガを理由に思いっきりバットは振らないというのもよいかもしれない。

まだ少し早いが、ヒーローインタビューに向かおうかと立ちあがったその時、ロッカーの中のスマートフォンの通知が鳴った。

メールの通知だった。差出人は、友人に勧められて入会したWeb上のコミュニティ。オンラインサロンとも呼ばれるものである。サロン名をprogressといい、サロンオーナーはあっちゃんこと中田敦彦。毎日の生配信で生き様を見せつけてくれる、理想のリーダーだ。玉見もチームではキャプテンを任されており、中田敦彦の考えを参考にすることも多い。

 

(でもまあ、さすがのあっちゃんも、160km/hの打ち方は教えてくれないよな、、、)

 

藁にもすがるような想いで開いたメールマガジン。そこには中田敦彦の生配信中の名言が記されていた。

 

うまくいかなかった時にヘコむのではなく、その失敗を学ぶことで成功への鍵を知ることができる。失敗を恐れず、打席に立ち続けることが、自身の成長につながるのだ。「必ずうまくいく」と言い続けなければ成功しない。

 

二度、そして三度、読み返した。自分に問いかける。負けたらそこで終わりなのか?もう次はないのか?明日の勝負から逃げることが、本当に正解なのか?

その答えが欲しい。玉見は生配信のアーカイブ動画のうち、該当箇所を視聴する。

いつも試合から帰る車の中で聴いている中田敦彦の生配信。progressの他のメンバーがどの部分に関心を持ったのか、それぞれの年齢や環境、置かれた状況によって刺さるところが違うのもまたおもしろい。気づけば生配信を聴くのは毎日の日課になっていた。

そんな中でも今日は自分にとって特別な日。人生を変える名言を授けてくれた。

玉見は5万人の大観衆の前で宣言する。

「絶対打ちます。」

3打数0安打2三振、そして1四球。試合も7対0で完封負け。こうして玉見翼と若波亮の初対戦は幕を下ろした。

完敗。これほどまでにこの言葉が似合う対戦は、野球人生で初めてだった。

でも燃えたぎるような勝負への炎が湧いてくる闘いは、普段の100倍楽しかった。

ここからがスタート。4打席立った。ヒットは打てなかったが、4打席目にはボールを見極め、四球を選ぶこともできた。若波のボールの軌道も覚えた。

次は必ず打つ。

 

勝負の日まで、毎日バットを振ろう。

 

そして悩んだ時はまた、中田敦彦の生き様を参考にしよう。

失敗を恐れず、打席に立ち続けよう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!今日はストーリー仕立てでコラムを執筆してみました!臨場感を持ってスラスラ読めるように、そしてあっちゃんの素敵な考えがより皆様の頭に残るように、そんな想いを込めての挑戦です!ここまで2か月半記者室を経験させていただき、少しずつですが成長を感じられている今だからこそ、「まだやれることはある」と自分に言い聞かせてまだまだがんばります!絶対皆様に喜んでいただけるものをお届けしますので、これからも何卒よろしくお願い致します!



本日の担当:谷舖雄大

 

Time&Topics

◆1:07〜 各アナウンス
・現在新しいクラスへの参加募集を行っている。今回の入れ替え期間は3ヶ月だ。
伝説の夫婦の募集は昨日で締め切り、明日参加者を発表する。
今日からまた誕生日お祝いシステムを復活させる。ただ、Zoomでのおしゃべりコーナーは無しで、中田が読み上げるだけにしたい。もし誕生日を祝ってほしくないという人がいたら、運営に相談してほしい。
※クラス参加フォームはこちら
https://forms.gle/ScYiaPsVyPRF5zwn8

◆8:53〜 不安の払拭
・オリラジアカデミーの内容はまだ決まっておらず、日本に行ってから考えることになる。宮迫さん、山本さんとの夢物語のレコーディングもあり、来日中に準備するものがいくつかある。それについて、うまくできるか不安に思うことがある。ただ、うまくいかなった時にヘコむのではなく、その失敗を学ぶことで成功への鍵を知ることができる。失敗を恐れず、打席に立ち続けることが、自身の成長につながるのだ。「必ずうまくいく」と言い続けなければ、成功しない。自身の可能性を信じて、突き進むしかないのだ。

◆17:38〜 新施策
・progressオリジナルTwitter「Tell-Us」は現在テスト運用をしていて、それに協力してくれる人を数名募集したい。そのフィードバックに力を貸したいという人は、このHRのコメント欄でアピールしてほしい
progress入会の施策として、初月無料という制度を設けてみたい。ライトユーザーが増えても問題ないシステムが構築できてきている。
新クラスも4つの色分けという大きな括りを設け、生徒会や記者室、クラス委員長とのミーティングもセッティングしていきたい。こちらから積極的に話を伺うという姿勢が大切だ。
YouTube大学の情報ソースのサポートメンバーも募集している。YouTube大学もより信頼感のあるリッチなコンテンツづくりをしていきたい。それこそが今の時代に求められていることだ。編集もまた新たにニュース番組風に切り替える予定だ。

◆32:24〜 progressの見せ方
progressメンバーがこれほどまでに仲良くなっているのは、ひとつの物語を共有しているからだ。中田自身、これからもっとメンバーと交流していくことも大切にしていきたい。
生徒会から「オンラインサロン」という名称を変更してみては、という提案があった。気がつけばprogressは”終わらない学園”というテーマが生まれ、独自の世界観を構築していった。現在使っている「ウェブコミュニティ」という呼び方よりも、より適切な名称を募集したい
技術革新が進めば、その時の”最先端”が、後の”当たり前”になる。「オンラインサロン」もわざわざ”オンライン”をつけなくてよくなる時代がもう来ている。progressのCMが華やかすぎて気後れするという意見もあり、もう少しマイルドなCMにしてもいいのかもしれない。そのアイディアもみんなから募集したい

◆44:25〜 西野さんの動向
西野さんがYouTubeで番組企画を立ち上げていた。しっかりとロケハンをしていて、セットにもこだわっていた。さらに演者が6名というのも参考になるポイントだ。スマホ時代、一画面に収まるのは5〜6人が限界だ。西野さんもそのことに気づいているようだ。
インプットするのは時間と労力がかかる。それをルーティン化させ、それ自体をコンテンツにするのは効率がいい。それを番組化させた西野さんは流石だ。
自分が活躍できるフィールドに移るという姿勢があるかどうかが大切だ。西野さんは劇場からビジネス書、絵本といった全く新しいフィールドに移ったことで、今の成功を手にしている。その時々の状況によって、表現の場を変えていて、現在はNFTの最先端になろうとしているのだと思われる。
これからの時代、YouTubeでリッチなコンテンツや番組企画がどんどんと増えてくるだろう。それがいかに再生数を稼げるのかという戦いが待っている。より大きなスポンサーが参入したときに、それに応えられるコンテンツを作れているかというのが、次の勝負になるだろう。

◆1:08:47〜 授業の準備
・毎週授業をやっていて、まるで受験生のような生活を過ごしている。それがしんどいとも思うが、無理してレギュラー番組に出続けていた頃よりも充実感があるので、十分幸せなのかもしれない。
今日の授業で取り扱う台湾の現状も、歴史を学ぶことで、今後どうなるかが予測できる。その本質を理解し、正しく理解することが大切だ。その指標を見て、自分の身を守る準備を進めておくことが、未曾有の危機への対応策なのだ。授業は本日16時からだ。

 

みんなの#PGHR感想

HRの感想をピックアップしています!詳しくは以下の記事をどうぞ。
→ HRの感想を「#PGHR感想」をつけて投稿しよう!

 

 

 

 

今月のRoderickRandom

🤵研修営業日(自由ヶ丘 BAR Annual Rings)🤵
・9/25((日)) 16:00〜22:00
 
🍸今週のオススメポイント🍸
独演会まであと1週間!RoderickRandomなら一緒に行く人も見つかるかも!
独演会の前夜祭後夜祭もお楽しみに(詳細はこちら
 

 

お知らせとお願い

🎆イベントスケジュール🎆

 ・9/23(金・祝) 中田敦彦独演会
 ・9/25(日) 伝説の夫婦収録  NEW! 

 ・10/3(月) チョコプラさんとのコラボ収録
 ・10/8(土) オリラジアカデミー収録(18:00以降のスタート)
 ・10/10(月) 東京十期會ロケ

📣お知らせ📣

9/23 中田敦彦独演会
 
 ライブ&うちわ販売開始!
 ⏩オンライン配信チケット
 ⏩金獅子牡丹うちわ(現地&郵送) 
 ⏩中田敦彦独演会前夜祭・後夜祭(メンバー店舗情報)

◆新番組「オリラジアカデミー」初回収録10/8
 
 ⏩1万円~のメンバースポンサー希望はこちら

◆毎日HRメルマガ実験配信中!
 
 ⏩感想や希望等、フィードバックはこちらから

◆PGオリジナルTwitterリリース間近!
 名称案募集中!(9/14迄)  応募はこちらから ※終了しました

◆progress公式LINEスタート!
 ⏩progress公式LINEご登録はこちらから。

◇その他のお知らせについては「現在の募集中イベントまとめ」ご覧ください。

by | 22/09/21 (水) | HRトピック

シェアはTELL-US限定:URLコピー

974 ビュー
いいね 63いいね!
読み込み中...